2015年08月24日

中国における相次ぐ爆発!

 中国では、先ごろの天津市での化学保管施設の大爆発に続いて、山東省でも化学プラントが爆発、炎上している。
 これらについて、単なる事故とみるか、あるいは何らかの恣意的営為とみるかで、その後の観手の見解は違ってこようが、まずは、事件を疑わざる得ないところである。
 それでは、この2つの爆発は、何を意図した犯行であったかということであるが、その問題の中心は中国国内の動乱、習近平政権への反抗を意味すると考えて良いだろう。ここで問われるのは、習政権のこの爆発事件への対応がいかなるものであるのかということを中国国内外に問うことで、政権そのものの弱体化、あるいは中国国民の、あるいは中国軍部の習政権への指揮系統の乱れを誘発することを狙った犯行、習近平政権に反対する政治勢力の台頭を意図する犯行など、とその疑問は尽きないところである。

 もちろん、この北京に近い都市での相次ぐ爆発についての情報は、これまでの中国についてのメディア報道と同様に、外部に伝えられることはないであろう。
 何れにしても、中国国内で何かが動き始めていることだけは確かであるようだ。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150823-00000001-mai-cn 

posted by キッドマン中佐(a) at 09:18| Comment(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする