2017年06月19日

米海軍のイージス艦とコンテナ船の衝突について

 どう考えてみても、理解に苦しむ海難事故である。もちろん、イージス艦の右舷に甚大な損傷を得たという事実を観ると、どんな状況であれ、イージス艦側に落ち度はないと考えていいだろう。

 どうしてこうした事故が起こりうるのかについて考えてみると、まず、イージス艦側に落ち度はないわけで、責任のすべてはコンテナ船側にあるわけだが、ではなぜ、こうした事故を引き起こす原因となる状況を考えるとコンテナ船が、イージス艦の位置が確認できていなかったことが、まず、考えられる。そして、その原因はどこにあるかが問題となるわけだ。つまり、なぜ、コンテナ船の操舵を担当していた航海士が、この事故を回避できなかったか、ということである。
 そこで考えられることは、この時の操舵を担当していた者が、居眠りをしていたのではないか、ということであり、つぎに、そもそも、航海における知識や操舵技術が未熟の者が、この時の操舵を担当していたということになるし、何れにしても、見張り役の者がいなかったのは、確かなことであろう。

 そこで、今回の事故でイージス艦の被害状況をみて、イージス艦の船体がもろいと感じた者も多いだろう。これは、考えてみれば当然のことなのである。
 どこの国の軍艦も同様なのだが、戦闘艦は、その任務を遂行する上で機動性が最重要であることと、かつての海戦のように主砲で撃ち合うという戦術はとらないのである。
 つまり、100km以上離れた位置から相手が撃ったミサイルを、まず、ジャミングでかわし、つぎに迎撃ミサイルで近づいてくるミサイルを撃ち落し、さらに近づくミサイルは、主砲で向かえ撃つ。・・・つまり、艦船には一発も当たらないのだ。
 一発でも被弾すると戦闘不能、航行不能に陥るのが、現在の軍艦なのだ。
 まず、イージス艦には、一発も当たらないというのが、常識となっている。

>この記事を参照のこと









HP制作、Web SHOP/ PSI Laboratory
psilabo01.jpg

posted by キッドマン中佐(a) at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。