2017年06月29日

「北朝鮮の本国に届くICBMの開発は、もっと早い」(米国連大使)

 このほど、ヘイリー米国連大使は、議会で「北朝鮮の本土(米国本土)に届くICBMの開発には複数年かかると考えられていたが、もっと早い」との認識を示した。

 このヘイリー国連大使の議会発言は、これまで米国が北朝鮮への直接的な軍事攻撃にあたってのレッドラインとしてきた「米国本土に届くICBM(大陸間弾道弾)の開発が成功すること」とされていたのだが、このことに言及したことのように考えられる。つまり、トランプ大統領は国連決議に基づき、中国に北朝鮮に対する更なる制裁を求めていたが、現状での「中国による北朝鮮への制裁が有効に働いていない」との認識を示したと同時に、「米国の北朝鮮への直接的な軍事行動が近く実行されることにもなる」とのトランプ政権の意思表明にもなっている。

 ヘイリー国連大使が、この議会発言で述べている事実は、北朝鮮のICBM開発の資金は、海外で働く北朝鮮労働者の本国への送金であるとのことだが、この背景には、中国から北朝鮮に供給される石油の制限と闇取引での資金流入が相当な額に上ることを示唆しているようだ。

 いま、トランプ大統領は、この北朝鮮問題では、中東の現状と合わせて、ジレンマに陥っているようでもある。

この記事を参照のこと









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory :
http://justtimereport.web.fc2.com/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Web ショッピング・モール 「 PSI333a's Lab. Shop 」
 あなたがお探しのアイテム、サービスがここにある
http://justtimereport.web.fc2.com/arcade01.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




posted by キッドマン中佐(a) at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。