2017年07月11日

イラク軍、モスルの制圧を宣言。

 この10日、イラクのアバディ首相は、ISからの奪還作戦を遂行していたイラク第二の都市、モスルの奪還を宣言した。これによって、ISは、ダッカに拠点を移し、抵抗を続ける様相となっているようだ。

 さて、このモスル奪還はイラクにとって、どんな意味を持つのであるのだろうか?
 このモスルは、ISの指導者であるバグダディが、IS(イスラム国)の樹立を宣言した都市であるわけだが、このイラク第二の都市であったモスルは、ISの支配もさることながら、このイラク軍の奪還作戦によって、住民はイラク軍の奪還作戦で、ISによって「人間の盾」にされ、徹底したイラク軍の攻撃で死亡している。また、この一連のイラク軍の「奪還作戦」と称する軍事攻撃を逃れ、難民となってこのモスルを離れている。
 こうして、この歴史的にも重要なイラクの第二の都市からは、多くの住民が去り、街は破壊し尽くされ、瓦礫の山となっているのが、現状である。

 私が何を言いたいかといえば、イラク軍は「奪還作戦」として軍事行動を執ったわけだが、これが本来のモスル「奪還」といえるのか、ということである。
 破壊し尽くされた都市で暮らことはできない。自給自足すらできないのである。
 そこで、かつてこのモスルの町で生活していた住民は、瓦礫の山となった自宅のあった場所に、果たして戻ることができるのだろうか?ISの弾圧の下で暮らした日々を思い返せば、誰もが凄惨な記憶が蘇り、戻って生活するなどと、考える者は誰もいないだろう。まして、瓦礫の山だけの廃墟である。
 たとえ、このモスルがかつての光景を取り戻すには、長大な時を必要とするであろう。

 果たして、イラク軍のモスル「奪還作戦」にどんな意味があったのだろうか?ISのメンバーは、単にモスルを放棄して、拠点を移しただけではないのだろうか。モスルの住民は去り、瓦礫の山だけが残るモスルは、

「奪還」と言いながら、都市を破壊したに過ぎないのではないのだろうか。
 他に、奪還の方法は、なかったのであろうか。

 都市の「奪還」とは、かつての住民が、以前と同じように、その場所で生活できてこその営為ではないのか。かつてのモスルで生活していた者たちに、「このイラク軍によるモスル奪還は、あなたの望んだ形になっているのか」と、・・・。

この記事を参照のこと









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory :
http://psi333a.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お得な生活情報サイト 「 PSI333a's Lab. Shop 」
 あなたがお探しのアイテム、サービスがここにある
http://psi333a.jp/arcade01.html
 特集サイト
http://psi333a.jp/barcade01.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





posted by キッドマン中佐(a) at 13:27| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

ISの中心都市であるモスルの奪還間近。

 イスラム国の中心都市・モスルは、イラク軍などによる奪還が間近に迫っているようだが、このモスル奪還作戦による市民の懸念は、奪還された後も何ら好転する見込みはおうない。
 このモスルの奪還作戦は、モスル市民の生活を以前のような形に取り戻すことが目的ではなく、イスラム国の支配から開放することだけにあるようだ。

 モスルの住民を一箇所に集めて人間の盾に仕立て、イラク軍の攻撃に対抗しようとしている。そこにイラク軍は、ミサイル攻撃を加える、という杜撰さなのであるが、これではモスル市民にとっては何のための開放か理解に苦しむのは、当然のことであろう。
 戦力に大差があるイスラム国とイラク軍との間の戦闘は、イスラム国側がモスル市民を恐怖に落とすだけではない。イラク軍も彼らを「モスル奪還作戦」として一般市民を結果的に攻撃しているのである。

 一般市民を恐怖に落とす「作戦」に、どんな意義があるのか?
 一般市民に、この恐怖を逃れる方策はあるのか?

 モスルの市民は、この両者の狭間にあって、恐怖とともにモスルを離れる、逃れるしか方法がないではないか。
 つまり、このイラク軍などによる「モスル奪還作戦」とは、イスラム国の掃討に名を借りた、単なる一般市民の虐殺となってはいないか、との疑問が残る。

 イスラム国の排除、掃討には、根本的な疑問が払拭されないまま、残る。
 つまり、このイスラム国を生んだ背景と、その目的が、いまひとつ見えてこないことと、イスラム国が未だに存在しているからには、それを支援する国家、組織が存在することを想像することに難くはない。

 本来ならば、このイスラム国に対して武器支援、物資の支援、人材の支援などの支援体制の打破が、まず、最初に採られるべき作戦ではないのか。この疑問が、われわれの意識から払拭されなければ、「モスルの奪還」も「イスラム国の打破」もモスル市民の行く末を案じる我々の意識は、暗雲がたちこめたままだ。

この記事を参照のこと









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ホームページ制作、有料レポート販売
 PSI333a' Laboratory :
http://justtimereport.web.fc2.com/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Web ショッピング・モール 「 Fine Life 」
 あなたがお探しのアイテム、サービスがここにある
http://justtimereport.web.fc2.com/arcade01.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





posted by キッドマン中佐(a) at 07:46| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

カタール、中東7カ国と国交断絶。

 5日、カタールを取り巻く中東のサウジアラビア、リビア、エジプトなど7カ国が国交を断絶したと報道された。
 これは、表向き、「カタールがテロ組織を支援している」というものだが、この裏には複雑に絡んだ中東の利権と宗派間の対立並びに、この対立を容認する国家があるということだろう。

 カタールは、イランと友好的な関係にあるのだが、イランはイスラム教シーア派の大国であり、一方、サウジらビアはシーア派と対立するイスラム教のスンニ派であること、この断交にあって指う摘されるところであろうし、そのイランは、中東問題での対立構造の一方の重点課題である「シリアの紛争」でシリア政府を支援してることでサウジアラビアと対立している。つまり、中東では、ISにおけるテロ対策のみならず、イスラム教の宗派間対立、トルコとクルド人の対立のように民族間の対立も、複雑に絡んでいるのである。

 これらの問題ばかりではない。先に米国のトランプ大統領がイスラエルを訪問し、トランプ政権がイスラエルに積極的に肩入れする姿勢を見せた。また、サウジアラビアを訪問した際には、12兆円にのぼる武器・兵器の売買契約を結んでいるのであるが、こうした米国のトランプ政権が、今後の中東政策に、これまでと違い、より能動的に関与することを表明していることも、関係しているであろう。

この記事を参照のこと











posted by キッドマン中佐(a) at 09:50| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

IS.イスラム教徒からみのテロ事件が相次いで起きている。

 今回の英国、マンチェスターでの自爆テロは、凄惨を極めた。この3月には、ロンドン襲撃テロ、ベルリンでは、日本人サッカー選手、香川氏が属するチーム「ドルドムント」のバス襲撃事件、シャンゼリゼ通りテロ事件と最近だけでも枚挙にいとまがない。
 これらの事件の背景にあるのは、ISを代表とする一部のイスラム教徒が関与しているということであり、欧州核国の治安当局も、イスラム教徒という漠然とした取り締まり対象では、厳密な取り締まりは不可能であるのは当然であり、たとえ事件性を感じる情報が提供されても、その対象を四六時中、監視するのは困難を極めるだろう。今回のマンチェスターでのテロ事件も、犯人についての細かい情報が治安当局に寄せられていたのだが、結局、事件の阻止はできなかったのである。

 これらのテロ事件を未然に、完璧に防止する方策はあるのか、と問われれば、治安当局は答えに窮すのは解りきったことだ。
それでは、個人的にテロ事件に巻き込まれない方法はあるのか、といえば、もしあるとすれば、家に引きこもることしかないのであろうが、これは日常の生活においては考えられないことであり、パリ・シャンゼリゼ通りの事件などは、まさにこの例にあたる。

 至る所で紛争、内乱状態にある中東地域を考えると、この地域に大きな影響を持つアラブの国家が、和平に向けた統一した見解を持つことが有益であるのだろうが、ここには利権とは別に、宗派間の大きな対立構造がある。
 こうして、この中東の緊迫した状況も、解決の兆しは見えない。

価格.com 自動車保険


PSI Laboratorypsilabo01.jpg
posted by キッドマン中佐(a) at 06:03| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

安倍総理は、対テロ連携を確認した。

 安倍総理は、18日の夜、イスラエルのネタニアフ首相と会談し、対テロ対策での合意を得たようだが、なぜ、ここにきて安倍総理は、より積極的に対テロ、いわゆるイスラム主義に対する態度を明確にしなければならなかったのか?この疑問は、当然のことながら湧いてくるのは、私だけではないだろう。
 日本の国際社会での位置づけは、すでに明確であるのだが、それを国際情勢が緊張状態にある中、あえてここで表明することの意義は、どこにあるのか?もちろん、日本と足並みを揃えて対テロに取り組み国々は、既知のことであるわけだし、このテロ対策に日本が資金提供する建前も、当然のように考えて良いところではあるが、ここで日本政府が、積極的に行動を起こすことは、ロシアとの関係や中国、あるいは南米の産油国などとの関係が悪化するのは間違いないばかりか、このこと自体が日本の国益に沿っているのか、を疑いたくなる。

 中東の親日国であるトルコもシリアと国境を接している関係からも、多くの兵士を投入しているのは、私も承知しているのだが、安倍総理のこうした取り組みは、この先の展開を想像してみると、テロ対策とは言え、イスラム国への対応やウクライナの情勢と、この情勢を打開するために用いられる武力の行使は、すでに容易に想像できることであるし、また、この戦いは短期間に終わるとは思えないのであるが、それが日本の問題として考えてみると、自衛隊を日本の国軍をした上での、この地域への派兵も考えられるではないか?ということである。

 いやはや、国際情勢は緊張の度合いをましているようだ。いや、すでに世界は大戦のさなかにあるのかもしれない。

 : この記事を参照のこと

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000503-san-pol

posted by キッドマン中佐(a) at 12:16| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

出口が見つからないイスラエルとハマスの応酬。

 停戦協議も不調に終わり、いよいよ妥協点が見いだせないままに軍事力の応酬が深刻化するなか、そのすべてのしわ寄せがガザ地区の一般住民にのしかかるという、いよいよもって悲惨な情況に至っているようだ。ガザ地区の住民には、食糧をはじめとする生活物資の支援も受けられず、飢えと劣悪な環境ばかりかイスラエル軍の空爆の恐怖にも苛まれているのである。

 この両者の間には、当分の間、和解はあり得ないと考えるのは容易なのだが、現状のような軍事力の応酬では、今後の見通しも見えて来ない。
 まずは、停戦への道筋を双方が模索する必要があろう。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140822/mds14082209450009-n1.htm
posted by キッドマン中佐(a) at 22:50| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

混迷を深めるイラク情勢。

 先日、イスラム・スンニ派の武装勢力が「イスラム国」の樹立を宣言したが、これに制圧すべく組織したマリキ政権(シーア派)のイラク政府軍治安部隊が、同じシーア派の別の組織と交戦しており、40名を超える死者を出しているようだが、これに加えてマリキ政権としては、クルド自治区の独立への気運の高まりがあり、これらが並行して大きな問題となっている。他にも、早急に対応すべき難問が山積しているのである。
 こうした中でも、マリキ政権と同じ宗派であるところのシーア派の権威者二人シスタニ師とサルヒ師が、それぞれを支持する民兵組織が交戦するとなれば、まさにシーア派内部、あるいはまた、マリキ政権としても収拾がつかない状態になるのは必至である。

 この混迷を深めるイラクと国境を接するサウジアラビアも800kmに及ぶ長大な国境線に3万名の兵士を配置し、「イスラム国」勢力の侵攻に備えているようなのだが、そもそもサウジアラビアはスンニ派の大国であることからも、同じスンニ派である「イスラム国」武装組織が侵攻するとは考え難いところであるが、シーア派の武装民兵の侵攻は、今後の情勢を考えると想像を絶する展開がありそうなので、サウジアラビアとしても警戒を怠ることはできないであろう。

 こうした中、米国はイラク政府軍兵士の軍事訓練を支援するかたちで兵士の派遣を決めているが、米国のこの中東地域への関わりには慎重であって欲しいものである。米国の参加は、世界を巻き込む戦争になり得ることになりそうなのである。

 とりもなおさず、イスラエル空軍はパレスチナ住民との間でもきな臭い動きがあることも、同時に考えておかねばならないだろう。

 そこで筆者が訝しく思うのは、国連のこの情勢への関わり方が、全くといって良いほどにわれわれには観えて来ない、ということを指摘しておきたい。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140703/mds14070309460003-n1.htm
posted by キッドマン中佐(a) at 14:53| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

泥沼化するイラク情勢。

 すでにイスラム教スンニ派の過激派「イラク・レバントのイスラム国」(ISIS)が支配する北部ティクリートにマリキ政権は、国軍の精鋭部隊を投入し、激しい戦闘が続いているようだが、こうしたゲリラ過激派兵士との戦いでは、その資金面や武器の供給などの兵站部分を分断しなければ何の解決にも向わないのは自明のことなのだろうが、そのような対応をマリキ政権は採ろうとしているような観測ができないのは、どうした理由なのかを考えると、このイスラムの宗派間対立にあっての根源的な齟齬が顕著に伺えるのである。
 つまり、この事実が意味するものは、この宗派間対立が未来永劫にわたって妥協点が皆無なことなのである。もっとも、宗教対立、民族間対立、宗教対立など人間存在の根幹を為す事項においては、妥協の余地がないのであろう。

 しかしながら、このイラクの現状はイスラム圏だけの問題ではなく、世界がグローバル化した現状にあっては、将来的には世界を巻き込んだ大戦争に発展する可能性を推測し得るのである。

 ここで米国や中国、ロシア、ドイツ、英国などが自国の権益保護を理由としてこのイラク情勢に介入でもしようものならば、この大戦争への危険性は一層高まるのは、必定である。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140627/mds14062709350004-n1.htm

posted by キッドマン中佐(a) at 21:22| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

イスラエルをも巻き込んだ中東。

 イラクの北部地域の全域を占拠しつつあるスンニ派反政府武装組織(ISIL)の軍事行動は、急速にイラクの首都であるバグダットに迫りつつある中、イラクのマリキ政権と宗教思想を同じくするシーア派の国家であるイランが米国のイラクでの軍事行動に抑制をかけている状態にあるのだが、こうした状況を総合的に判断すると、今後の軍事的な対立は激化を辿るのは必至であるだろう。
 そして、これがシリアとイラクとの国境地帯がこのスンニ派武装組織(ISI)Lの占拠を受けて、シリアからの武器や人員の供給が速やかに遂行できる状況では、この地域の軍事的安定の糸口さえ見出せないままに、イラク政府軍との軍事衝突が拡大することが容易な情況になっている。

 そしてまた、ここにきてシリア側からイスラエルに向けて砲撃があったということで、イスラエルはゴラン高原の都市を空爆しているのであるが、このこともこの武力衝突の意義がどこにあるのかを探る上で、問題を複雑化しているのである。

 イラクのスンニ派武装組織(ISIL)を資金面で、そして軍事面で支援しているのは、スンニ派の大国であるサウジアラビアであることは、容易に推測できることであり、これが現実問題として、このサウジアラビアや一方のシーア派の大国であるイランを巻き込んだ宗派間対立として全面軍事衝突ともなれば、戦果の拡大は中東地域のみならず、全世界を引き込む大戦争ともなりえる情況にあるのも、事実であると推測できる。
 また、これに原油利権や、このイスラエルのシリアへの報復とする空爆などを考えると、単にイスラム国家の宗派間対立の構造ばかりではなく、宗教や思想・信条の対立にまで発展しかねないのである。

 この中東地域の情勢は、欧米のみならず我が国や中国、そしてロシアもまた、その国際的な、あらゆる分野における立ち位置までもが、問われる事態であるのは確かだろう。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140623/mds14062310570006-n1.htm

posted by キッドマン中佐(a) at 18:38| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

シリア内戦・弾圧での死者数が、14万人。(人権監視団)

 シリアの内戦は、依然として和平の兆しが見えて来ないまま、未だに戦闘が繰り返されているようだ。
 そもそも、この中東・アラブ地域の安定は宗教間対立や民族対立など複雑に利害が絡み合うだけに真の安定和平の実現は困難であることは、自明のことであるわけだが、先の「化学兵器の廃棄」での合意を得ていながら、その実現も遅々として進んでいないばかりか、安定化に向けた関係各国の協議も進展していないようだ。

 そうした中、未だに繰り返される戦闘で一般市民をも巻き込んだ、この内戦や政府の弾圧によって死亡した犠牲者の数が14万人を超えたと英国に本部を置く人権監視団体が発表した。反政府勢力や政府側の兵士、民兵、それにシーア派の外国人民兵など、この内戦による死者の所属が、その混迷ぶりを物語っている。

 このシリア内戦の和平協議は、アサド政権の今後の処遇と国連監視下においてのち、どのように管理するかが焦点であろうが、それの合意の道筋も見えきていないようだ。当然のことながら、これをアサド政権が、受け入れを拒否している。
 しかしながら、この和平協議の最中にあっても、戦闘は繰り返されて犠牲者は出ていることを考えれば、国際社会の憂いは、増すばかりである。

 人種間対立、民族間対立、宗教・宗派間対立はそれぞれの主張が最優先され、双方の思惑と絡んで妥協点が見出し難いのであるが、そうした対立の結果は、犠牲者の数となって現れるのであることも事実である。対立の背景もさることながら、双方の利害を超越した視点を見出すことが重要なのかもしれない。
 ことに歴史的な対立構造は、尚更のこと、利害を超えた視点が重要であると、筆者は考える。

 一刻も早い、和平協議の実現が望まれる。

( この記事を参照)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140216/mds14021614120000-n1.htm

(および、この記事を参照)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140213/mds14021308580000-n1.htm

posted by キッドマン中佐(a) at 00:13| Comment(0) | 中東・アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする